スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

孤軍奮闘の一日

2007.04.27(00:13)
嫁には「実家の倉庫の整理に行くから」と
昨日は昼頃自宅を出発しました。
本当なら実家のある南の方へ向かうはずなのですが、
この日はなぜか別の方角へ。
時計の長い針が約二周した頃に到着した場所は、
人口10000人ほどの山あいのとある街。
春らしい陽気に木々の緑が映え、
のどかな風景には本当に心が癒されます。
国道沿いの小さな喫茶店に車を停め、
その場で上品な笑顔の御夫人に挨拶を済ませた後、
扉を開けてもらい足を踏み入れたのは
今から約10年程前に閉店したホールの店内。
ざっと見積もって120~130台規模の小さなお店ですが、
雰囲気は「若かりしあの頃」にタイムスリップしたような
懐かしい雰囲気でした。
島等の設備はそのままの状態が保たれてはいたものの
台の一部はすでに取り外された後の様子で、
オール現金機の羽根物無し、
セブン機も連荘規制後のラインナップだったので
レトロと呼ぶには中途半端な機種が多かったのですが、
それでも巷で今話題のあの機種の捕獲や
島の片隅で1台だけひっそりと残っていた1.5号機の捕獲に成功。
備品の一部もちゃっかりおまけで分けてもらってきました。
IMG_0968.jpg
許可をもらえればホールの2階、3階の部分も見せてもらいたかったのですが、
倉庫にあった古い台はまとめて処分した後で、
今は上へ上がるのにも足の踏み場も無い状態なので
また時間のある時に…(オーナー夫人談)との事で叶いませんでした。
「足の踏み場が無いほど何があるのか?」激しく気になりました(笑)が、
すでに車も満タンで約束の時間もかなりオーバーしていた為、
また次回お願いしますとの事で現地を後にしました。

台はまとめて処分して無いよと言われても
何かすごいのがまだ残っているような気がしてなりません。
こんな予感は結構当たるんですよねぇ…(謎)

<<不死鳥復活なるか?(大一フェニックス3) | ホームへ | レア台復活にむけて・・・>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wjhanshin.blog47.fc2.com/tb.php/89-73e118df
| ホームへ |